• 介護施設の運営を助けてくれる保険ソフト

    社会にとって高齢者などへの介護は必要不可欠なものであり、介護業界では行政からの補助金や保険金による収入が大きな割合を占めています。


    利用者の要介護のレベルや人数に応じた保険金請求は、施設運営において重要な業務の1つで、規模にもよりますが、長く勤めている事務員が一手に引き受けている場合が少なくありません。



    しかし、少数のベテランに依存した経営体制では、全体を理解している担当者が抜けただけで業務が回らなくなる危険も内包しており、柔軟性を確保するために保険ソフトを導入する施設が増加中です。
    介護向けの保険ソフトは、現在の法令を遵守しているだけではなく、利用するスタッフにとって分かりやすい入力画面を提示しているので、パソコンの知識があまりない方でも直接データを入力できます。

    日本経済新聞に関する情報が閲覧できます。

    正確な保険金の請求も重要なことですが、それ以上に既存の業務を効率化できることが、多くの施設で保険ソフトが採用されている主な理由です。



    従来の紙に書いてからパソコンに入力する業務フローが、各スタッフがそのままパソコンに入力する形になるので、保険の担当者は最終的な数字のチェックだけで済みます。さらに、保険ソフトには疑問点を質問できる専用の連絡先があるため、保険についてのアドバイザーを得られるメリットもあります。
    様々な形態の介護サービスに対応しているから、小規模の施設であっても、保険ソフトを購入するだけで大手並みの業務水準をすぐに実現できるのが特徴です。