• 便利な介護保険ソフト

    介護の事務業務を行う上で保険ソフトは欠かすことができません。しかし、一般的に介護の保険ソフトは多くの事業者向けに作られているため、不便なところが多く、不満を持っている方も少なからずいらっしゃいます。


    そのような悩みを解決する一つの方法が、保険ソフトのカスタマイズです。


    介護事業と一言で言っても、特別養護老人ホームや老人保健施設などの施設サービスと、訪問介護・通所介護など居宅のサービスとでは内容がまったく異なります。



    そのため、ソフトの中には必要のない機能が多くて使いづらくなり、しかもその分価格が高くなっているという問題があります。

    どんな人にもYahoo!ニュース関する情報探しのお役に立つサイトです。

    また、独自のサービスを行っている場合などは資料作成、帳票作成などをエクセルに頼らねばならず、せっかく保険ソフトがあっても互換性がなく、非常に不便です。



    カスタマイズの場合、一般的にはカウンセリングという形で事業者の担当者に話を聞き、必要なもの、不必要なものをより分け、予算とコストが見合えば新しい機能の開発も行ってくれます。


    例えば、エムエスシーという企業のらくらくケアストーリーというソフトの場合、カウンセリング無料で月額4、000円から、パソコンの台数、利用者の制限なくソフトのカスタマイズ支援を行ってくれます。


    初期投資で何十万、何百万とかかってしまうリスクを考えると、月々の定額サポートという形は費用対効果が優れていると言えます。

    使ってみて初めて分かる不便さもあるので、このような形でカスタマイズを利用する価値は大いにあります。