• 介護保険ソフトとはなにか

    介護保険ソフトは介護事務所で業務を利用する時に利用されることが多いソフトウェアですが、勤務形態が複雑で変動も多く、シフト作成や勤務表の作成に手間がかかる事務作業の時間を減らすことが可能です。



    介護保険ソフトでシフト管理をする場合も、基本的な操作は従来のEXCELでの管理や作業での管理とはそれほど変わりはないのですが、シフトを新規登録した時や修正した時に必要のある機能に対して一括で登録や修正することが出きるので、従来のEXCELで職員のシフトを修正する際に、その職員が対応する予定だった利用者に関するシフトも変更する必要が出てくるのですが、ソフトを利用することで、一括で管理することもできます。

    産経ニュースについて補足説明いたします。

    また、ソフトによっては修正によって足りなくなった人員を通知してくれる機能も搭載されているのもあるので、思いがけないミスを減らす効果も期待できます。



    介護保険ソフトを利用するメリットとして、事務作業時間を減らすことができるだけでなく、事務所によってはシフト管理ソフトを導入していないと、各施設の責任者やリーダーが職員の希望や利用者の人数を加味しながらシフトを作成や管理をする際に、作成にEXCEL等を用いて手作業で入力すると事務作業に手を取られて職場全体にとって負担になることがありますが、介護保険ソフトを利用することで、作成者はすぐに事務作業を終えることができ、職場全体の負担を減らす効果も期待することができます。